2024年5月5日BODYMAKERpresents GLADIATOR 026 in OSAKA GLADIATORバンタム級チャンピオン竹本啓哉がタイ人ファイターデッチプールを迎え撃ち、チハヤフルズッキーニョスはチーム・ラカイのアドニス・セビジェーノと対戦決定。

265

■主催:GLADIATOR事務局
■名称:BODYMAKERpresents GLADIATOR 026 in OSAKA
■日時:2024年5月5日(日)
■会場:176box
■住所:大阪府豊中市庄内東町5丁目7-25

大会日時

2024年5月5日(日)
開場:12:00
開始:13:00
※オープニングファイトは12:30から開始

大会注目点

2024年5月5日(日)に大阪府豊中市の176BOXで開催される「GLADIATOR026」で2つの国際戦が決定した。
フライ級王座決定トーナメント決勝(王座決定戦)がNavEとオトゴンバートル・ボルドバートルの間で行われるのに続き、GLADIATORに初めてタイからムエタイベースの本格派ストライカー=デッチプールが来日し、バンタム級チャンピオン竹本啓哉とノンタイトル戦で戦うことが決定。
デッチプールはバンコク・ファイトラボ所属、同ジムではMMAの指導もしている選手であり、プロ戦績は8勝5敗でアマMMAでは4勝1敗、通算12勝6敗というキャリアの持ち主である。そしてベースとなるムエタイでは30試合を戦い27勝3敗と抜群の勝率を誇っている。
長谷川賢タレントリレーションズ代表が昨年11月にタイ視察を行った際に、デッチの指導とスパーリングを見て本格的なムエタイ技術をMMAに落とし込んでいるという評価がなされ、招聘リストのトップにその名が記された。プロMMAにおけるフィニッシュ率は8割以上で、5つのKO勝ちと2つの一本勝ちとデッチプールは、判定無用の戦いを信条としている。
そんなタイからの刺客に続き、フィリピンはチーム・ラカイからアドニス・セビジェーノが初来日を果たし、フェザー級トップ戦線返り咲きを狙うチハヤフル・ズッキーニョスと戦うことも決定した。
セビジェーノ選手は戦績こそ3勝4敗だが、チーム・ラカイのマーク・サンジャオ総帥の強い推薦の下GLADIATORで戦う権利を得ており、Road to ONEフィリピンで生き残り、一度はONE本戦と契約を勝ち取った実力者である。打撃の基本はラカイの散打ではないが、ONEと契約を果たすと南のセブから北のバギオに移り住み、MMAファイターとして完成度を上げてきた。
対するズッキーニョスは昨年フェザー級王座決定トーナメントに抜擢されたが、初戦でモンゴルのダギースレン・チャグナドルジとの激闘で判定負けを喫した。
その後も9月、12月、今年3月と勝ち負けを繰り返しつつも、弱点を克服しており、UFCを目指すチャンピオン河名マストへの再戦を手繰り寄せるためには、国際戦初勝利がデフォルトのズッキーニョスである。

以下、国際戦2試合に出場の選手からのコメントとなる。

竹本啓哉
「完全決着率の高いストライカー。こういう選手と試合したかったです。ですが、戦績は僕の方が上。必ず極めて勝ちます」

デッチプール
「日本の皆こんにちは。タイのデッチプールことデッチャディン(本名)です。日本で素晴らしいトップMMAファイターと戦うことが凄く嬉しい。ただし、僕は彼を倒す。倒したいんだ。ありがとう──KRUB!(=タイで最後につけると、ございますというような意味になる)」

チハヤフル・ズッキーニョス
「勢いのあるフィリピンの選手と戦えることを楽しみにしています。フィリピンMMAというと打撃のイメージでしたが、アドニス選手は積極的に組みも混ぜる、ウェルランディットな選手という印象です。アジアの強い相手と戦ってきている選手なので、どんな勝ち方ができるかで自分の実力が測れる良い機会だと思います。僕は昨年のトーナメントからの連戦で、全ての要素が確実に成長しているので、自信を持って戦います。次期王者候補筆頭と呼ばれる試合をします!」

アドニス・セビジェーノ
「僕はセブ州バンタヤン島出身で、セブ州から国際ステージで戦う唯一のマーシャルアーチストであり、フィリピンで最も成功を収めたMMAチーム=チーム・ラカイの一員であることを誇りに思っている。そして自分の道を追求し、母国フィリピンと家族の誇りと共にある。僕は2人の愛すべき娘の父であり、美しい妻の夫だ。家族の存在が、僕に力とやる気、努力の源になっている。MMAでベルトを巻けるよう全ての局面で技術を磨いている。レッツゴー!」

大会カード

GLADIATORフライ級トーナメント決勝 5分3R
NavE(N★TRUST/第3代GLADIATORフライ級王者)
オトゴンバートル・ボルドバートル(Shandas MMA Fitness Center/モンゴル)

GLADIATORバンタム級 5分3R
竹本啓哉(ALIVE/第8代GLADIATORバンタム級王者)
デッチプール(バンコクファイトラボ/タイ)

GLADIATORフェザー級 5分3R
チハヤフル・ズッキーニョス(MIBURO)
アドニス・セビジェーノ(チームラカイ/フィリピン)

大会チケット

VIP席 25,000円、自由席 9,000円
※当日券は1,000円UP
※1歳よりチケットが必要

下記にて販売を行っております。
GFスポーツインターナショナル
TEL:073-499-7787
時間:9:00〜17:00
※日、祝は休みとなります。

大会詳細

2024年5月5日BODYMAKERpresents GLADIATOR 026 in OSAKAスケジュールをご覧ください。
URL:https://fighters-spirits.com/magazine/archives/33495

■お問い合わせ
有限会社櫻井 GLADIATOR事務局
TEL:073-427-1110
URL:https://gladiator-fc.com/
Twitter:https://twitter.com/GLADIATOR_MMA_?s=09
Facebook:https://www.facebook.com/Gladiator.MixedmartialArts/

格闘技用品ファイターズスピリッツ