プロ納得のおすすめなボクシンググローブの人気ランキング15選。

639

ボクシンググローブはボクシング、キックボクシング、ムエタイからMMA(総合格闘技)などあらゆる格闘技で必要となるアイテムです。
ボクシンググローブは主に対人トレーニングあるスパーリング、試合で使われますが、サンドバッグ打ち、ミット打ちトレーニングにおいても、あえて重い重量である14oz、16ozなどを使い、スピードアップを目的に使う方もおります。スパーリング用ではジムによっては14oz、16ozと分かれている場合ありますので、予めジムのトレーナーに聞いてから購入をおすすめいたします。
女性のボクササイズにおいても、ボクシンググローブはフィットネスグローブとしても使用出来ます。
品質的に近年ではボクシンググローブはサミング防止、握り棒、空気穴、内側のナイロン素材などが標準的になっており、その仕様は対人練習であるスパーリングの使用において、互いに怪我をしない様に作られております。
ボクシンググローブの種類に関しても、下記の項目で説明をしたいと思います。

oz(オンス)グローブ

通常はボクシンググローブの重さはozで分かれております。下記が各ozの重量です。
8oz(227g)
10oz(283g)
12oz(339g)
14oz(396g)
16oz(453g)
※片手分の重量です。
これにプラスしてキックボクシングでは6ozを使う階級もありますが、ボクシングでは軽量級は8oz、重量級は10ozを使います。前述した通りに、重いozを使いスピードアップ目的で使われる方から、自分の階級のozを使い普段の練習に使われる方もおります。ここら辺は各選手や指導するトレーナーの好みが分かれます。これらのozも練習の質を向上させる上で選ぶのは重量となります。
ジュニアや女性では12ozが通常の試合やスパーリングで使われます。何故かと言うとozは体重によって分かれており、ozが大きければ中のコットンが多くなり、大きさも大きくなります。ozグローブは自身の拳を守ると同時に、相手への衝撃を軽減させる目的で使用します。だから互いに怪我をしないためにも、対人トレーニングであるスパーリングなどでは絶対に必要となります。6ozはキックボクシングで使う階級がある事は前述しましたが、18ozの大きいozもアマチュア大会で使う事があります。これらのozやデザインの製作においても、ファイターズスピリッツは別途相談で製作が可能なのを記載しておきます。

素材

ボクシンググローブなど格闘技用品では大きく本革と合成皮革となっております。本革は牛革であり、耐久性に優れており使えば使うほど、革が馴染むのでプロなど上級者が愛用しております。デメリットは革の定期的なメンテナンスが必要と、コストが高いので価格も高めとなっております。
合成皮革はメンテナンスの必要なく、コストも低めなので初心者やフィットネス志向の方へおすすめ出来ます。デメリットは耐久性が低い事です。
格闘技、ボクシングを始める時の最初は合成皮革を使い、レベルが上達してから本革製のボクシンググローブを選ぶのが良いとされております。
もちろん、最初から続ける事が出来るなら、最初から本革を選ぶのも手です。使い込むことで馴染むので、マイグローブを持つことはモチベーションを維持するのにも大切です。

固定式

ボクシンググローブなどの固定方法はマジックテープ式、紐式となっております。紐式はプロの公式戦で使われており、好みの具合に紐を縛る事が出来ます。
そんな紐式ですが、デメリットは一人の場合は紐を縛る事が難しいので、誰かに縛って貰う必要があります。しかしメリットは縛ればズレることが無いので、プロなど上級者が愛用して使用しております。紐が駄目になった際は、替え紐を取り換える事で紐のメンテナンスは完了するのが大きなメリットの一つでもあります。
マジックテープ式はアマチュア公式戦でも使われることがあります。着脱が簡単であるので、プロでも練習ではマジックテープ式を使う事が多いです。こちらはプロ、初心者、フィットネス志向など問わずに多くの人に愛用されております。ただデメリットはマジックテープの寿命があるので、固定が弱くなる事です。マジックテープのメンテナンスを定期的に行う事で寿命が延びますが、いつかは寿命となります。その状態で練習に使うと怪我に繋がるので、そうなった際はボクシンググローブの買い替えが必要となります。
マジックテープは本革、合成皮革など様々な種類が販売されており、初心者から上級者用まで揃っております。逆に紐式は本革製が大半です。これらのメリット、デメリットを考えながらボクシンググローブを選ぶ必要があります。

パンチンググローブとの違い

パンチンググローブとボクシンググローブの違いですが、パンチンググローブはサンドバッグ打ち、ミット打ちトレーニング用であり、対人練習であるスパーリング用、試合用では使用しません。
サイズはボクシンググローブは8ozや16ozなど数字で違いますが、パンチンググローブはフリーサイズ、ジュニアサイズ、S、M、Lなどメーカーによって表記が異なる場合があります。
日本ではパンチンググローブの親指カットモデルが通常であり、マジックテープ式、ラバーベルト式となっており簡単に着脱が出来ます。ボクシンググローブは前述の通りに紐式、マジックテープ式となっており、着脱もパンチンググローブと比較したら面倒な面がありますが、打撃トレーニング、スパーリングの両方で使用する事が出来るは、大きなメリットです。
今回では、そのボクシンググローブを紹介しております。

Winningプロフェッショナルタイプマジックテープ式

世界的に絶大なる品質を誇り、職人が手作りで製作し、まさにボクシングの顔と言えるボクシンググローブです。国産品であるWinningは世界中のボクサーに愛用されております。Winningブランドはボクシングを代表するブランドであり、その品質は折り紙付きです。打ちごたえも優れ、サミング防止、8ozから16ozまで多くのozがあるのが特徴。通常カラーもブラック、ブルー、レッド、ホワイトと揃っており、固定方法もマジックテープ式なので、着脱が簡単です。Winningブランドは国産ですので、別途料金でカラーオーダー、刺繍、無料でのプリントも出来ます。そのデメリットは価格が高い事です。通常のフィットネス用のグローブの何倍もします。しかし、長く使う事を考えるとWinningが一番です。国産であるので、修理に出す事が出来るのメリットの一つです。ボクシングの世界王者、トップクラスの選手も多くが愛用しており、そのブラント価値を証明しております。一番におすすめが出来るのが、この一番人気のボクシンググローブです。

ご購入先はこちら

FIGHTERS SPIRITSボクシンググローブアスリートモデル

格闘技ブランドであるFIGHTERS SPIRITSブランドの最高ランクのボクシンググローブです。厳選した牛革とコットンを使っており、優れた耐久性を誇ります。ナックルパートの厚さも打ちやすく、コットンの柔らかい構造となっており、握りも良く。手首部分の薄くしており、ボクシングの打ち方特有である打つ際に手首を曲げる事がストレスなく打てます。空気穴と内部はナイロン素材で通気性も抜群。スパーリング用からミット打ち用まで、あらゆる場面で使えるボクシンググローブ。デザインも優れており、ゴールドのブランドロゴ、手首にはトライバルパターンのラインが入っております。品質に比較してコストも良くおすすめです。価格も他の格闘技ブランドのハイエンドモデルのボクシンググローブと比較しても、圧倒的に優れております。FIGHTERS SPIRITSブランドを代表するボクシンググローブであり、プロからフィットネス志向の方まで幅広い層が使っても満足行けるおすすめな人気ボクシンググローブです。
こちらは現地の職人による手作りで製作しているので、内側のフィット感等が優れております。
ファイターズスピリッツでは、こちらのグローブをベースとしたジム専用のオリジナルデザイングローブの製作も承っております。

ご購入先はこちら

VENUM IMPACT ボクシンググローブ

フランスの大人気ブランドVenumです。格闘技用品、ボクシング用品、MMA用品としても、その優れたデザイン性と機能性で多くの層から支持を得ております。
世界的に有名な選手が使用しており、IMPACTシリーズのボクシンググローブであるので、従来のVENUMボクシンググローブと比較しても、柔らかい素材となっております。
Venum Impact ボクシンググローブでノックアウト。真の敵を迎え撃つなら Venum Impact ボクシンググローブ。どんな強い相手も一撃でノックアウトするプロフェッショナルなグローブです。
ハードなトレーニングに最適な三層構造の多密度フォームを使用し、親指をしっかりとフル固定するデザインで手を怪我から守ります。
ロングカフスが手首を効果的に保護。手のひらのメッシュパネルが通気性を保ち、最適なパワー配分を実現。
継続的で効果的なパンチを打つことができます。 相手はリングですっかりノックアウト!
カラーパターンもお洒落で人気があるので、マイグローブとしておすすめです。

ご購入先はこちら

MARTIAL WORLDドークカイディーベロクロタイプボクシンググローブ

格闘技ブランドの伝統があるMARTIAL WORLDの最高峰のグローブです。
MARTIAL WORLDブランドは、多くの格闘技団体、空手団体などに公式用品として採用されるなど、その製品の品質の高さを証明しております。このドークカイディーの紐式バージョンはWBCムエタイ、NJKF、REBELS等、様々な団体の試合用グローブに採用されております。
その試合感覚はそのままに安全性も追求したベロクロタイプのトレーニングモデルです。新品でも揉みほぐしが必要ないほどの装着感。わかる人にはわかる、タイ製グローブならではのフィット感。手の平部分に設けられた空気穴で通気性も確保。ウレタンはややハードなタイプを採用することにより拳をしっかり守れるので、ミットやサンドバッグはもちろん、スパーリングでも安心して打ち込めます。
サイズも8ozから16ozと選べるのも魅力の一つです。
まさにMARTIAL WORLDブランドを代表するボクシンググローブと言えるクオリティの高さを誇ります。

ご購入先はこちら

BODYMAKERスパーリンググローブサムライエッジ2

今ではスポーツブランドとしてアパレルウェア、スポーツウェア、トレーニング用品から格闘技用品の他にもサプリメントまで様々な製品を展開しているBODYMAKERブランドで、この品質ではあり得ない価格を実現しております。そのozも8ozから16ozまで揃えており、スパーリング用の14oz、16oz。サンドバッグ打ち、ミット打ちトレーニング用の8oz、10ozなど選べる範囲が広いのがおすすめです。ナックルパートも肉厚が厚く、打ちごたえなど最高級の評価を得ております。対人練習、打撃練習にあらゆる場面で活躍するボクシンググローブです。カラーもライムグリーンなどレアなカラーもありプロからフィットネス志向の方などに支持される人気ボクシンググローブです。まさにBODYMAKERブランドの最高級ボクシンググローブは、あらゆる層から納得を得られる仕様です。

ご購入先はこちら

FIGHTERS SPIRITS試合用ボクシンググローブ

FIGHTERS SPIRITSブランドの紐式ボクシンググローブは九州のキックボクシング団体「KPKB」の公式グローブとして使用されており、その高い品質を評価されております。
マジックテープ式と異なり、紐式は好みの具合に合わせて調整が出来るのが利点です。柔らかい牛革とウレタンを使っており、とても使いやすい仕様となっております。内側はナイロン素材を使っており、通気性に優れております。グリップバーは握りやすい構造で、打ちごたえも良く、試合用グローブ以外にも、練習用としてサンドバッグ打ち、ミット打ちなどに使えるおすすめなボクシンググローブです。
ファイターズスピリッツのボクシンググローブは現地の職人が手作りで製作しているので、内側のフィット感が優れているのが特徴です。
九州プロキックボクシング「KPKB」では、このFIGHTERS SPIRITS試合用ボクシンググローブをベースとしたオリジナルデザイングローブが採用されております。
こちらもファイターズスピリッツでは、オリジナルデザイングローブ製作を行っております。

ご購入先はこちら

TWINSスパーリンググローブ

ムエタイ王国であるタイを代表する格闘技ブランドであるTWINSです。
TWINSの本革は耐久性にも優れているのが特徴であり、ナックルパートのウレタンが硬く、厚く、マジックテープで手首をまっすぐに固定。しっかり握れ、拳をきっちり守ります。
その打った感触などが良く、頑丈な作り、耐久性などに優れムエタイのメジャースタジアムを始め日本でも多くのプロ選手が愛用しています。ボクシングでも世界戦においてWBA、WBCなど大手団体の公式グローブであり、国内でも多くのキックボクシング団体が公式グローブとプロ興行、アマチュア大会で認可しており、その高い品質が評価されております。
4oz~16ozなどキッズサイズも用意されており、キッズからプロ格闘家まで幅広い層に使えるボクシンググローブとしておすすめできます。
タイの現地職人が手作りで製作しているので、その高いクオリティが保証されております。

ご購入先はこちら

RDX Mayaハイドレザーボクシンググローブ F7

イギリス生まれの格闘技ブランドRDXは、デザイン性・機能性に優れており、コストパフォーマンスも良く、フィットネスからプロまでが愛用しております。これらが、イギリスを代表する「英国のCombat Sports and Fitnessブランド」としての地位を確立しております。優れた素材を使用しており、弾力性のあるMayaハイドレザー構造は、ボクシンググローブの耐久性を向上させ、Supremo-Shock Formは指関節部と手首を守るためゲル構造により衝撃を分散しております。Quick-EZ ベルクロにより手首をしっかりと固定。S.P.Pにより空気の換気と通気性を向上させ、グローブ内を快適に保ちます。RDX Quadro-Dome技術に基づいて設計されており、衝撃をグローブ全体へ分散します。

ご購入先はこちら

FIGHTERS SPIRITSスタンダードボクシンググローブ

ボクシンググローブとして標準的なスペックを揃えております。カラーもブラック、ブルー、レッド、ホワイトと揃えており、柔らかい牛革、コットンを使っており握りやすいグローブです。手首部分は厚くしており、パンチを打つ際に手首を痛める事を防ぎ、キックボクシング、ムエタイなどのキックがある打撃系トレーニングで打撃を手首で受けた際に保護します。空気穴、内部のナイロン素材、サミング防止、マジックテープ式など使いやすさで優れた品質を誇ります。スタンダードな仕様はプロからビギナーまで満足が行く出来栄えです。その手首部の固定力、厚さはアスリートモデル、プロ仕様と違い蹴りがある格闘技向けに作られているボクシンググローブです。もちろんボクシング競技を愛好される方からも支持を得ております。
こちらは現地職人の手作りで製作しているので、内側のフィット感等が優れており、それらの品質の高さから、九州プロキックボクシング「KPKB」において、アマチュア大会公式グローブとして使用されている信頼の高いおすすめボクシンググローブとなっております。
ファイターズスピリッツでは、ジム・団体のオリジナルデザイングローブの製作を行っており、お好みのロゴやカラーパターンで製作が可能です。

ご購入先はこちら

adidas combat sportsボクシンググローブ SPEED 50

スポーツブランドとしての定番ブランドであるadidasの格闘技部門であるadidas combat sportsです。このボクシンググローブは耐久性に優れたFLX 3.0のPU素材と多重フォーム使用しており、衝撃吸収に優れたマルチレイヤーフォームを採用。使いやすいゴムベルトタイプ、サミング防止機能を備えており安全性に優れたボクシンググローブです。初心者から中級者向けでベーシックな仕様でフィット感に優れており、ジムワークに最適です。
8oz、14oz、16ozと軽いoz、スパーリング用のozを選ぶことができます。
その高いコストパフォーマンスに比較して、優れた品質のある人気ボクシンググローブですので、おすすめできます。

ご購入先はこちら

TOP KINGトレーニンググローブ

タイの人気ブランドであるTOP KINGは、そのカラフルな配色パターンやデザインで高い人気がある高品質本革製のトレーニンググローブです。
多くのボクサー、格闘家が使用しており、握りやすく、着け心地がよく、全体的にガッチリとした作りのため、しっかりと手首や拳を守ってくれます。
タイ現地の職人が手作りで製作しているので、着けた感触に優れております。
そのお洒落なデザイン性は、ジム内で使うマイグローブとしては最適なボクシンググローブです。

ご購入先はこちら

BODYMAKERスパーリンググローブ

8ozのみですが、本革としては抜群に優れたコストを誇ります。デザインもゴールドを使っており、ブラック、レッド、ホワイトなど選べるので、デザイン性も優れたボクシンググローブです。その打ちやすさや、握りやすさがあり、8ozはサンドバッグ打ち、ミット打ちトレーニングにも使え、練習シーンで活躍するボクシンググローブです。そのオシャレなデザインはマイグローブとしてもおすすめなボクシンググローブです。
これらの様なコストパフォーマンスに優れた製品が多いのも、BODYMAKERブランドの魅力です。

ご購入先はこちら

MARTIAL WORLDベーシックボクシンググローブ

世界的にも有名なMARTIAL WORLDのボクシンググローブの定番と言えるアイテムです。価格帯も安く、耐久性も良いので多くのボクシングジムでも練習用として導入されています。
カラーも充実しており、デザインも他のブランドものとは異なっているので、オシャレにボクシングを楽しむことができます。
ミットトレーニングからスパーリングまで幅広く使えるグローブ。初めてグローブをご購入される方におすすめです。
軽いオンスはキッズや拳の小さな女性でもご使用いただけます。
本革性の為、長く使うほど、手に馴染み、使いやすくなります。初心者の方や女性、キッズにおすすめのボクシンググローブの1つです。

ご購入先はこちら

FIGHTERS SPIRITSプロ仕様ボクシンググローブ

同ブランドであるアスリートモデルと同型グローブであり、プロ納得の高級ボクシンググローブです。その仕様はプロ向けに作られており、柔らかい革とウレタンは握りやすく、パンチも打ちやすいので、高いクオリティを誇ります。肉厚のあるウレタンは安全性に優れており、グリップバーは握りやすい構造で、空気穴が湿気を排出し、内側のナイロン素材など通気性に優れております。スパーリング以外にもミット打ち、サンドバッグ打ちなど広い用途で使用出来ます。高品質である柔らかい革とウレタン素材は使うほど馴染む、おすすめのボクシングローブは、現地職人が手作りで製作しているので、内側のフィット感等が優れております。
ファイターズスピリッツでは、こちらをベースにしてから、オリジナルデザイングローブの製作を承っております。

ご購入先はこちら

Winningプロ試合用ボクシンググローブ

こちらは、プロボクシングにおいて日本で開催される国内戦以外でもWBA、WBC、WBO、IBFの世界戦のボクシングでも使われている日本ボクシングコミッション、日本プロボクシング協会公認ボクシンググローブです。同じくカラーオーダーと刺繍入れ、無料であるプリントがされるなど、おすすめのボクシンググローブです。ノーサミングタイプで安全性も高い仕様く、その優れた品質は、職人が手作りであり、正に信頼と実績のウイニング社が誇るボクシンググローブの所以です。
Winningブランドは価格は高いのですが、それに見合うだけの品質は絶対に保証できる。おすすめな人気ボクシンググローブと言えます。

ご購入先はこちら

まとめ

ここまでおすすめな人気ボクシンググローブをご紹介しましたが、メーカーにより同じozでもウレタンの厚さ、柔らかさ、革の固さ、馴染み具合などが異なるので、選ぶ際によく選ぶことをおすすめいたします。
もし、今回の記事が皆さんがボクシンググローブを選ぶ際のアドバイスとなれば、嬉しく思います。
あなたにとって、理想のボクシンググローブを選び、楽しいジムワークにご活用ください。

販売店

格闘技用品ファイターズスピリッツ