2021年11月21日第7回「TB.SP」キックボクシングスパーリング交流会レポート

355

■主催:T.B.NATION
■名称:第7回「TB.SP」キックボクシングスパーリング交流会
■日時:2021年11月21日(日)
■会場:アクティブ・スクウェア・大東
■住所:大阪府大東市深野3-28-3(深野北小学校跡地)

スパーリング交流大会として、定期的に開催が行われている今大会には24ジム(フリー含む)、参加者80名が参加した。普段は手を合わせない他ジムの選手とスパーリングを行い、これらで経験した中で自身の課題が分かり、次の練習から取り組むことで出来れば、競技レベルの向上を目指すことに繋がる。

ジュニアクラスのエリアではスタッフを配置しており、危険が起こらない様に配慮されており、プロクラスなど上級者エリアでは、ヘッドギアを外しハイレベルなマスボクシングを行っていた。
中には初めてなのか、相手がサウスポーに苦戦している参加者もいたが、これは練習であるので、いくら失敗をしても構わない。むしろ、失敗や苦戦をしてから、次の糧にすれば良いと言えるのである。
スパーリング前にウォームアップで指導者とミット打ちでフォームの確認も行っており、試合に臨む前と同じ環境と言える。

T.B.NATIONの松崎チーフプロデューサーも一参加者として参加しており、現役プロ選手として受け手に回り、指導を行っていた。これらの現役プロ選手と手を合わせることは貴重な経験と言えるだろう。このスパーリング大会では、何回でも相手を変えてから対戦することで、経験を積み重ねることが出来る。そして、これらで経験したことを2021年12月19日第20回T.B.NATION CUP!アマチュアキックボクシング大会という舞台で発揮できることを期待したい。「TB.SP」キックボクシングスパーリング交流会は次回も開催される予定である。

格闘技用品ファイターズスピリッツ